読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9回裏最後のバッターの最後の一球を、客席に向かって投げてそのままマウンドからピッチャーが消えてくようなブログ

平日は1000〜2000文字ぐらい、土日は4000文字ぐらい書きますがどちらも端的に言うと20文字くらいに収まるブログです。

糖質よろしくカット with 健康的ライフ

夜に遊ぶ頻度が落ちた。

 

ここで言う遊ぶというのは、それはたとえば夜を徹するイベントなんかははるか昔から眠みが勝り足が遠のいているけれども、普通に夜、ごはんをたべたりお酒を飲んだりする時間に、ひとり飲みに行く頻度が減っているのであって、それに伴い朝が早くなったのか、あるいは朝早い生活に切り替えたから夜を遠ざけたのか、どちらの因果かはわからないけれども、かつては仕事終わりには週5ぐらいで一人で飲みに歩いていたけれども。

 

あるいは仕事を終える時間や本を読むことに起因することかもしれない。かつては22時23時ごろまで仕事をして、家に帰る前に一杯引っ掛けて、という生活をしていたけれども、今はほぼ定時に終えることを定めており、仕事を終えて19時、たとえば昨日は帰る道中に本を買ってベローチェでやっすいコーヒーを飲みながら読み進めて帰宅したのは22時ごろであって、そこから帰り際に買ったカット野菜と畜肉、フライパンで火を通してポン酢をまぶすことにより炒めof野菜を錬成したのであって、不足しがちな野菜、および肉に寄るタンパク質を摂取し、さらには糖質をカットした健康的ライフを営む。

 

夜に出歩かないということはつまりは人と接することが少なくなるのであって、人と接するというのはつまりはコミュニケーション、コミュニケーションというのはつまりは情報の共有、他愛も無いことから新しい情報まで、玉石混交のコミュニケーションの中には次の行動へのきっかけとなるものがある。そこが糖質よろしくカットされている。

 

つまりは行動がどん詰まりになっているのであって、あ、こりゃあかんな、と。かつて呼吸をするように帰り際にふらっと飲みに行ってたというのはつまりは意識もせずに行っていたのであって、じゃぁよっしゃ行くぞっつって行くのも欲張りすぎでありさじ加減が難しく、行動のきっかけは行動であって、つまりはきっかけが埋もれているのであって、春が終わって今、梅雨に入ろうとしていて。関東地域はまだ梅雨に入っていないけれども今日は曇り空で空気はひんやりと、閉まっておいたチャックが壊れたパーカーを引っ張り出して自転車に乗り込み恵比寿のPRONTOに至ったのが朝早いなうであって。

広告を非表示にする