読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資産など無い

平日は1000〜2000文字ぐらい、土日は4000文字ぐらい書きますがどちらも端的に言うと20文字くらいに収まるブログです。

女王はかえらない 降田天:読んだ本 他には、ノックス・マシン、砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない、荒野、アクロイド殺し

読んだ本

その程度はどうあれ、たとえば解決したり解決しなかったり、暴かれたり今まさに暴かれそうになるところで含みを残して終わったり、ミステリーを読むのは終着点、あるいはミステリーな箇所が明確なところがあるからでだ。

 

たとえば「ノックスの十戒」というのロナルド・ノックスが提唱したミステリーのルールというものがある。

続きを読む

図書館戦争 有川浩:読んだ本

読んだ本

小説というもの自体がフィクションであって、言い方を変えると空想なのだけれども、では「空想小説」で検索するとSF、サイエンスフィクションつまりは空想科学小説がヒットする。

 

続きを読む

動機 横山秀夫:読んだ本

読んだ本

世界は事情に満ちあふれている。

続きを読む

ジャーナリズム・イノベーション・アワード2017に行ってきた話。あるいは「報道」と「情報」と「ジャーナリズム」と。

イベント-レポート 雑記

昨日の土曜日は特にやることもなくヒマこいて新宿に出てたところ、twitterで「ジャーナリズムアワード」というのが開催されてるっつって、市ヶ谷の法政大学でやってて近いし知ってる人もちらちらいるし、「市ヶ谷 ラーメン」で検索したところ、ミシュランにも掲載されたというらぁ麺フロマージュってのが美味しそうだなぁってことで、らぁ麺フロマージュを食べるついでに「ジャーナリズムアワード」に遊びに行こうっつって総武線に乗り込んで市ヶ谷に。

 

続きを読む

Apple Payとマネーフォワードの組み合わせが捗る

ライフハック

お金が無いなっつって、じゃあなんで無いかというと収入と支出のバランスあるいは支出のペースがマッチしていないとしか言えないのだけれども、34にして預貯金が無く残高という概念。その月暮らしを行っているとやはりお給料日前にはATMで残高と睨み合う日々が繰り返される。

 

続きを読む

『中庭の出来事』恩田陸:読んだ本

読んだ本

冬場の朝は空が白む時間が遅い。あるいは空が白む時間を朝とするなら朝が来る時間が遅いのであって、「冬場の朝は空が白む時間が遅い」という表現も間違いであり「朝が来る時間が遅い」としないといけない。朝5時半起床を毎日の目標としているおれにとっては、それはもちろん目標であって6時に起きたり6時半に起きたりすることもあるけれども、つまりは同じ5時半でも夏場は明るく冬場は暗いのは致命的だ。目覚ましが鳴り響くタイミングでうっすら意識が開ける際に、世界が明るいか暗いかで朝を無意識に判断している。直感的に100%世界が暗いと朝は明けておらず、明るいと朝であって、つまりは寝覚めに関わってくるのは当然だ。

 

続きを読む