読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

端的に言うと20文字くらいに収まるのにそれを4000文字ぐらい使って書くブログ

平日は1000〜2000文字ぐらい、土日は4000文字ぐらい書きますがどちらも端的に言うと20文字くらいに収まるブログです。

ビタミンF 重松清:読んだ本

読んだ本

たとえば今日1月17日はおれの誕生日であって、あれ?今年で34だっけ、35だっけ、34であってるよね?となるぐらいに34歳というのは曖昧である。たとえば去年の誕生日は何をしていたかというとしっかりとブログに残っており、やはり去年33歳になったので今年は34で間違いないことを指差し確認する。

 

続きを読む

ニップレスとビキニ、そして紐

雑記

夜、イベントなんかに行くと、あるいは露出度の多い女の子が踊り狂ったりしていることがあるけれども、それはたとえば水着着用でディスカウントといったイベントであればビキニ着用がいたり、さらにはニップレス姿で踊っていたりするようなものもあり、そういうのを見ると、いやぁ〜、いいもの見れたなっつって気分がホクホクするのだけれども、ここでなお言わなければならないのはニップレスの功罪である。

続きを読む

ダック・コール 稲見一良:読んだ本

読んだ本

たとえば次に読む本を選ぶ際に何を持って選ぶかというのは人それぞれで、誰もがおもしろいものを読みたいと思うのは当然である。いざ読んでクソみたいな小説を引き当てた際にはその徒労感はハンパないなっつって、以前読んだ作家の文章がおもしろかったのでリピート、つまりはその作家の別の作を選んでみたり、あるいはその小説のあとがき後の解説文を寄稿している作家さんの本を読んでみたり、ジャンルや作風が関連する作家を知りその本を手に取ったり。これは1つの作品からつながるリレーであり、同じ作家だから、同じジャンルだから、と心理ハードルが少なく幅を広げることに適している。

続きを読む

私が殺した少女 原りょう:読んだ本

読んだ本

何かしら本を探していてこれを読もうと思った時に人が取る行動はそのままamazonなんかでポチッと押して届くのを待つか、もしくは待てないぐらいであれば本屋さんやあるいはブックオフなんかに行って現物を買う。とはいえ書籍というのは星の数ほどありいざ店舗に行っても在庫が無い場合がある。その作家の代表作や売れている作家の作品はあるいは充実しているけれども、ブックオフはおろか本屋さんにも在庫が無い場合があり、その際には取り寄せとなる。こういうことならamazonでポチっておけばよかった。さらには人気作でさえも売れて在庫が無い場合があるので困りものである。

 

続きを読む

家にいるときのギャル男

イベント

新年あけましてギャル男になった。

 

というのはよく行くバーのスタッフのバースデーパーティーがあったからであって、そのスタッフというのが黒ギャルだからである。つまりはギャルを祝うためには自らギャル男になり、また、おれだけではなく他の客も同様にギャルの格好をしていくというノリはよくあることだろう。

 

続きを読む

新宿電源カフェ

雑記

たとえば休みの日に記事を書いたり仕事をしたりする場合には家からほど近い新宿の電源カフェにお邪魔する。電源カフェというとつまりは電源が利用できるカフェ。パソコンにつないだりiPhoneを充電したり重宝するものである。さらにはおれの場合はタバコを吸うため喫煙の方に電源が完備されている必要があり、この点で電源が利用できがちなスターバックスは使えず、スタバでMBAを開くかんじにはなれない。

 

続きを読む

ダイバーシティアゲンストジアディクション

雑記

家にじっとしているのが無理問題というのを抱えており、それはたとえば普段、東京、土日なんかであっても、家で録画しておいたやつを見たり映画を見たりというのはえいやぁ!と気合を入れてする臨む必要がある。それは何も家が心地悪いからではなくソファーもありテーブルもありその対面にテレビもありダラダラすることができる環境ではあるはずだけれども、それでもなおじっとしているのが無理というのはつまりは時間の経過にその因がある。

 

 

続きを読む