読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9回裏最後のバッターの最後の一球を、客席に向かって投げてそのままマウンドからピッチャーが消えてくようなブログ

平日は1000〜2000文字ぐらい、土日は4000文字ぐらい書きますがどちらも端的に言うと20文字くらいに収まるブログです。

キャットファイトが楽しかった話

争いが絶ることはない。それは何も世界のどこかで行われている軍事的な対立や民族紛争のみならず、たとえば君がサラリーマンだとするとその勤め先である企業は同業である競合企業と絶えず争っている。利益を得るべく日々マーケティング計画を組み立て競合他社に比べていかに自らの製品あるいはサービスを顧客に届けるのかを争うのだ。

 

争いは会社と会社という単位はおろか、会社内にもあるのではないだろうか。それはたとえば事業部という単位でそれぞれの売上や貢献度を争ったり、さらに砕くと営業マンは自らの売上を他の営業マンと争う。
その競争を制した者には相応のベネフィットが還元され、またそのベネフィットを得るべく争いが起こり消耗戦、行き着く先は荒廃した大地であり、人々は疲れ果てる。そして人々は疲れを癒やすべく土日の休みを費やしエンターテインメントに興じる。

そうだ、キャットファイトを見に行こう、と。

 

キャットファイトを見に行こう

キャットファイトとはwikipediaによると

キャットファイト(Catfight)は女性同士の取っ組み合いの喧嘩またはそれを見せる興行のこと。 女性同士の喧嘩に性的嗜好を向ける者は少なからず存在するため、キャットファイトを見せる興行も存在し、ポルノやアダルトビデオの一ジャンルともなっている。また、女同士の素手の戦いを見せるエンターテイメント性の高い格闘技の興行試合として行われることもある。 

とある。

 

現在日本にどれほどの団体、もしくは興行があるのかはわからないけれども、検索すると一番に出てくるCPE:Cat Panic Entertainmentという団体が有力なのだろう。実を言うとこの団体で戦っている女の子と以前知り合う機会があり、もうその娘は引退してしまったけれどもいつか見に行こうと思っていた。今回たまたま友人から「キャットファイトを見てみたい」という打診があり、ほな一回行こかとなったわけである。

f:id:Eizo0000:20160521185405j:plain

ちょうど5月19日〜21日で15周年興行が開催されるとのことで、ぴあでチケットを購買し当日、場所は新木場ファーストリングである。ファーストリングというとプロレス用リング常設され、おもにインディープロレスやキックボクシングなどのイベントが数多く催されているイベント会場である。各地でゲリラ豪雨が降り不安定な天候の中、開場時間早々に向かう。

 

f:id:Eizo0000:20160523000156j:plain

リングとの距離がすごいぞキャットファイト

会場に入りドリンクを購買、お酒を飲みながら試合開始を待つ。
他の興行と同じく物販ブースでは出場選手のグッズが販売される。選手が映されたクリアファイルやTシャツ、以前の興行のDVD、さらには次回興行のチケットも販売されている。

f:id:Eizo0000:20160521183810j:plain

グッズの他にもお酒と並行して食事も提供されており、選手がつくったちゃんこ鍋やちんこを模したチョコバナナが販売されておりこの辺りからセクシャルな雰囲気が漂ってくる。

f:id:Eizo0000:20160521183805j:plain

 

会場を見渡すと開演開始に向けてちらちらと客が入り、開演時間には満員御礼だった。驚いたのは1万円のリングサイド席。リングとの距離である。

f:id:Eizo0000:20160521181738j:plain

リングサイドに直で椅子が置かれておりゼロ距離。文字通りのリングサイド席である。後述するけれどもこの興行には様々な試合形式がありリングサイドが一番堪能できる席であることは間違いない。

 

様々な試合形式がすごいぞキャットファイト

当日は3日間興行の最終日。1試合ずつあらゆる試合形式を採用したトーナメントマッチだ。各試合でルールが異なる。 以下、そのルールを列挙していこう。

 

バナナマッチ

f:id:Eizo0000:20160521191015j:plain

通常のプロレス試合と同様にフォールやギブアップで一区切りではあるのだが、そこで終わりではない。一本を取るとそこからが勝負なのである。

この試合にはバナナおじさんなる審判が伴う。一本取った選手はバナナおじさんに対してパフォーマンスをする権利を得るのである。そのパフォーマンスが何かというと、バナナおじさんが股間に携えたバナナを口に含むなどのパフォーマンスだ。

f:id:Eizo0000:20160521191155j:plain

 

パフォーマンスを受けてバナナおじさんが採点する。バナナおじさんのポイントが計20点になった選手の勝利となる。

f:id:Eizo0000:20160521191516j:plain

この試合には範田紗々選手が出ており、知っている人にはわかるかと思うがかつて大活躍した元AV女優、今でいう元セクシー女優である。試合は格闘素人である範田選手に対して相手選手であるキラアン選手が一方的に攻め立てフォールやギブアップを奪っていく。

バナナおじさんに対するパフォーマンスが積み重なり15対0ぐらいまでポイントを広げられるも、一瞬の隙をついた範田選手が一本を取りバナナおじさんにパフォーマンスを行うと一発で100ポイントを取得し大逆転勝利となるなんとも素晴らしい茶番が繰り広げられた。

f:id:Eizo0000:20160521191830j:plain

f:id:Eizo0000:20160521192031j:plain

 

3分3ラウンドセクシーマッチ

名前を見るとボクシングのように3分1ラウンドが3回繰り返される試合だ。しかしその内容は闘っている最中のセクシーさに対して実況と解説が独断と偏見でポイントを加えていくというスタイルで「蹴られた際の声がセクシーだったので1ポイント」「なぜか自分からおっぱいを出したので1ポイント」など、リングの内外でつくりあげられる試合で大変楽しかった。

f:id:Eizo0000:20160521192532j:plain

試合は初代ミニスカポリスの選手とハード系セクシー女優の選手で熾烈な争いが繰り広げられ大変見応えがあった。試合が進むうえで何のトラブルかおっぱいが出たのだけれども、真剣勝負を繰り広げる中ではなんらおかしくない事故なのだろう。

f:id:Eizo0000:20160521193104j:plain

 

追い剥ぎマッチ

追い剥ぎとは人を襲い、衣服や持ち物などを奪い取ることを言う。ともすると追い剥ぎマッチのルールは簡単で、相手選手の衣服を全て奪い取ったほうが勝ちとなる。相手選手にダメージを与えるだけではダメだ。いかに衣服を奪い取るか、それはたとえば打撃技でダメージを与え相手が朦朧としている間に脱がすであったり、関節技を決め相手が動けない隙を狙い衣服を奪うなど、単なる取っ組み合いではなく、戦略やテクニックが必要とされる奥深い試合形式だ。

f:id:Eizo0000:20160521194345j:plain

試合はワカミホの相性で知られるセクシー女優若林美保選手と、名前は忘れてしまったけれどもたいそうかわいい会社バレを気にする女の子選手だった。経験値も豊富な若林選手が終始優位に試合を進め、相手選手はあれよあれよというまに追い剥ぎにあい、ワカミホ選手の貫禄勝ちだった。試合形式の通りではあるがやはり何かしらの事故なのだろう、おっぱいが出た。

 

f:id:Eizo0000:20160521194507j:plain

 

オンリーギブアップマッチ

一転してこの試合形式はいわゆるレスリング感のある試合形式だ。フォールなどはなく、ただ関節技でのギブアップのみで決着する試合だ。わりかしちゃんとしていて、ちゃんとしているがゆえにあまり記憶に無いのが残念である。おっぱいはなぜか出なかった。

f:id:Eizo0000:20160521195350j:plain

 

ランジェリー噴水ロイヤルランブル

おそらくこの試合形式の名前を見ると「ランジェリー」というのは理解に容易いだろう。コスチュームがランジェリーということだ。そしてロイヤルランブルというのもプロレスを知る方にとっては馴染みのある試合形式だろう。ロイヤルランブルとはつまりは1対1の試合ではなく、複数名が争い、最後に残った選手が勝ちとなる試合だ。時間経過に応じて続々と選手が入場していきラストマン・スタンディング。つまりは最後に立っていた選手が最終的な勝者となる。アメリカの大きなプロレス興行では合計40人にもおよぶロイヤルランブルが行われ、勝者は次期王座決定戦の挑戦者となる権利を得ることができたりする大変盛り上がる試合だったりする。

ロイヤルランブルの説明が長くなった。

では、残るのは「噴水」だ。噴水とは何か。それは何もDDTのように屋外でプロレスを行い噴水がある池に飛び込んだりするのではなく、水鉄砲である。水鉄砲とは何か。水鉄砲とはあの水鉄砲である。水を射出するように作られた銃である。では水鉄砲を用いて選手達が闘うのか。否である。水鉄砲を使うのはリングサイド席に座る観客である。観客が闘っている選手達に対して水鉄砲から水を放つのである。なぜか。選手をサポートするためである。勝ってほしい選手をサポートすべく、その相手となる選手にリング外から水鉄砲を放ち攻撃を妨害するのである。

f:id:Eizo0000:20160521212236j:plain

いくら普段鍛えられた選手といえどたとえば顔に水がかかったならばそれを拭う動作は必至である。顔を拭っている間に攻撃を避けたりまた逆に攻撃を加えたりすることが可能である。あるいは水が敏感な場所にあたってしまったらばいくら屈強な選手とはいえ、動きが鈍るのも必至である。

これが逆に作用することもある。たとえば君にお気に入りの選手がいるとしよう。その選手が勝つように相手選手を妨害することはもちろんだ。しかし君が放った水鉄砲が相手選手の敏感な場所に当たり動きが鈍くなるのを見ると君はこう考えるのではなかろうか。応援している選手の敏感な場所に水鉄砲を当てたい、と。人というのは欲深いもので、応援している選手を勝たせるという思いの中に一部邪念が加わるのである。そもするとその水鉄砲が放たれる先にはお気に入り選手の股間があるのかもしれない。そしてそれは許されるのである。

f:id:Eizo0000:20160521212425j:plain

これは非常に高度な試合だ。人とは。闘いとは。己とは。サポートとは。勝利とは。見たいものとは。君は何が見たいのか。そういった様々な要素が複合されて形成される試合がランジェリー噴水ロイヤルランブルなのである。この試合を見た君は人間の業について考えさせられることになるだろう。おっぱいが出た。

 

CPEルール

団体名を冠したルールということもあり、この形式が一般的な形式だと思われる。ギブアップのほか股開きスリーカウントで試合が決着する。股開きスリーカウントとはつまりは相手選手の股を広げてフォールをする必要があるということだ。

たとえば一般的なプロレスでは相手選手の両肩をマットに押し付け3秒感キープする必要があり、それゆえ全体重を押し付け相手を逃さないようにする必要がある。この際には体全体を押し付け相手を逃さないようにするけれども、このルールではそれだけでは許されないのであり、股を開く必要がある。つまりは全体重を押し付けるだけではダメで、相手下半身も合わせてケアする必要がある。下半身にとらわれると上半身がおろそかになるのは必至だ。股開きに気をとられるとフォールが外され勝ちを逃すことになる。つまりは一般的なフォール決着よりも難易度が高くなるとこのうえなく、非常にタフな試合形式となる。

このルールは準決勝2試合で採用されていた。おっぱいは出なかった。

 

ローションマッチ

40リットルものローションが流されたリングで行われる試合形式だ。ローションが広がるリングでは常人ではバランスを取ることが難しく立つこともままならない。必然的にグラウンドでの攻防が主となる。ローションの他にもバイブや鞭などがリング上に放たれており、様々な道具を使って相手選手を攻撃することが可能なのである。組んず解れつ(くんずほぐれつ)である。ニュルニュルのレロレロである。レロンチョである。グラウンドでの攻防が繰り広げられる。実を言うとおれの席からは試合を良く見ることができず、ここはもったいなかった。次はリングサイドか一般席の最後方であれば試合はよく見えたのだろう。この試合は決勝戦のルールとして行われ、先述したワカミホ選手が圧巻の勝利を勝ち取った。

f:id:Eizo0000:20160521214934j:plain

 

アイドルのライブなんかもあってすごいぞキャットファイト

何もあらかじめ組まれた闘いだけがキャットファイト興行ではない。合間合間では試合とは別途因縁のある二名の遺恨試合が急遽開催されたり、アイドルのライブが繰り広げられる。アイドル戦国時代と呼ばれる昨今、アイドルも争いだ。

f:id:Eizo0000:20160521200013j:plain

f:id:Eizo0000:20160521200708j:plain

先述の3分3ラウンドマッチなどではアイドルがラウンドガールを勤めており声援が送られていた。

f:id:Eizo0000:20160521194232j:plain

終わりに:争いとは

争いは絶えない。終わらない民族紛争、軍事的対立。企業間のマーケティング戦争。あいつを蹴落としてあるという企業内の争い。日々の争いはマクロにもミクロにも広げられる。それはリングの上でも同じだ。キャットファイトのリングでは女性同士の争いが繰り広げられる。そしてエンターテイメントである。争いがエンターテインメントと消化されこの消耗甚だしい時代に一筋の癒やしを与えるのである。そしてまた争いの場へと出て行くのである。

 

 

広告を非表示にする