9回裏最後のバッターの最後の一球を、客席に向かって投げてそのままマウンドからピッチャーが消えてくようなブログ

平日は1000〜2000文字ぐらい、土日は4000文字ぐらい書きますがどちらも端的に言うと20文字くらいに収まるブログです。

吉となるでしょう。

今日も今日とてチャリをこいで恵比寿に向う。駅前の駐輪場に自転車置いてさて会社まで歩いていくかっつってその道中、信号待ちしてるときにiPhoneが落ちてるのを見つけてしまったわけですよ。

 

何かを落としたりなくしてしまったりするとやっちまった感がすごくて不安で不安で仕方なくなるだろう。特に財布や携帯電話は常に手元にあってしかるべきで、その分やっちまった感が顕著に表れる。どこで落としたんだろうと記憶を遡って、最後に見たのはどこだとか思い出そうとして。あそこかなと思ったところまで出向いていってもそこにはなくて。おれもつい先日、気がつくとポケットにiPhoneがなくて不安になったところだ。

 

 

 

 

 

見つかったときの安堵感たるやセックスの比ではなく喜びが伴う。

 

今まで人生で財布を落としたことが2回あり、それぞれ警察に行ったけれども出てこなかったので、財布を落とした→交番に届けられていたという流れを少なからず聞いていささか信じられないところもあるけれども、やはり届くところには届いているからwhat a wonderful worldである。世界を諦めずにいこう。

 

広告を非表示にする