読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資産など無い

平日は1000〜2000文字ぐらい、土日は4000文字ぐらい書きますがどちらも端的に言うと20文字くらいに収まるブログです。

ジャーナリズム・イノベーション・アワード2017に行ってきた話。あるいは「報道」と「情報」と「ジャーナリズム」と。

昨日の土曜日は特にやることもなくヒマこいて新宿に出てたところ、twitterで「ジャーナリズムアワード」というのが開催されてるっつって、市ヶ谷の法政大学でやってて近いし知ってる人もちらちらいるし、「市ヶ谷 ラーメン」で検索したところ、ミシュランに…

東京デカダンスハロウィンに行ってきた話

たとえばこのブログは今年の1月に始めたものであり、実際には去年のどっかで自分のサーバにwordpressを入れていくつか書いたんだけど、新年になったし心機一転書こうかっつってはてなブログに移行したわけであって、「端的に言うと20文字くらいに収まるのに…

痛ドルを追いかけた夏の日

目次 痛ドルGOに行ってきた話 痛ドルとは何か 次の痛ドルイベント 雨が降ったりやんだりする不安定な天気の合間に夏の太陽が現れる。湿度を伴った陽射しが強い夏の日の公園で、おれは痛ドルを追いかけて走り回っていた。 このように書くと君は3つの疑問点が…

友人の展示を見にヒカリエ8に行ってきた話

たとえば君が女子大生だとしよう。それはギャルのようなチャラチャラしたような明るい髪ではなく黒髪、もしくはちょっとだけ茶色に染めたかんじだろうか。染めたと言われてもなかなかわかりづらく、月曜日に当てずっぽうで「髪切った?」と聞くと大喜びで「…

東京デカダンスに行ってきた話

梅雨が開けようとしている。 これからクソ暑い夏を迎え日々日焼け止めを体に塗りこみ涼しい部屋でコーヒーでも飲みながらSNSを眺めていると、やれどこどこの夏フェスに行ってきましたやら花火を見ましたやら海に行ってきましたやら最高の夏が並ぶのだろう。 …

Tokyo DEBUdance(東京デブダンス)に行った話

先週の土曜日、歌舞伎町で行われたイベントに行ってきた。 そのイベントは今回が2回目の開催だった。このイベントが開催されるバーにしばしば行っておりお酒を飲んでいると、いつのどのイベントはどうだったかみたいな話を聞いたりするけれど、前回、つまり…

ユニバーサルカーニバル(ユニバカ)×サミーフェスティバル(サミフェス)2016 に行ってきた話

たとえばこれは趣味の話であったりあるいは仕事の話でもあったり、つまりはパチンコとスロットの話だ。そういうと君あるいは顔をしかめるかもしれないけれども仕方ない。昨日、東京ビッグサイトでパチンコやスロットのメーカーであるユニバーサルとサミーが…

アダルトVR交流会に行った話

アダルトVR交流会に行ってきた話と、VRコンテンツの課題、そしてその展望について。

パリピズム - vol.3@新宿サイエンスに行ってきた話

新宿歌舞伎町で不定期に開催されるイベント、パリピズムに行ってきた話。君はもう既にパリピさ。

デパートメントHに行ってきた話

デパートメントHに行ってきた話。あるいは変態の総合デパートとも呼ばれ、フェティッシュなイベントとも呼ばれ、デパートメントHは、つまりは「いろんな人が集まる場所」だ。

ビョークのVR展「Björk Digital ―音楽のVR・18日間の実験」に行ってきた話

ビョークのVR展「Björk Digital ―音楽のVR・18日間の実験」に行ってきた話。ビョークが創りだすVRと、音楽とVRの可能性について。

アダルトVRフェスタに行ってきた話

アダルトVRフェスタに行ってきた話。 2016年6月12日に秋葉原で開催されるはずだったアダルトVRフェスタ。VRの解説から当日の混雑具合、中止となる経緯に加えて中には入ったレポート。そしてあるいは紳士たちの話。

出張パリピズム@GLASS DANCE 六本木に行ってきた話

パーティーというと君は何を思い浮かべるだろうか。それはたとえば友達の結婚パーティーであったりお誕生日パーティーであったり、そういうものに参加したことはあるだろう。ある一定の物事 -ここでは結婚や誕生日- を祝うために数人、ときには数十人の人た…

キャットファイトが楽しかった話

キャットファイトを見に行った話。あるいは争いや人間の本能や葛藤について。

痛ドルのライブが楽しかった。

痛ドルのライブが楽しかった。 「痛ドルのライブに行かない?」と言われたのはたしか先週あたりであり、なるほど痛ドルというのは文字通り痛いアイドルであるということは明白である。痛ドルってのがあるというのは少し前から知るところではあったけれども、…